MICRO MAGAZINE

MICRO MAGAZINE

ホーム 社会一般 日本の特別地域2 東京都 葛飾区【日本の特別地域_通巻02】

発売日
2008年03月10日
価格
1,320円
(本体1,200円+税10%)
サイズ
A5
ISBN
9784896372809

日本の特別地域2 東京都 葛飾区【日本の特別地域_通巻02】

編:昼間 たかし

日本の特別地域

本当に映画やマンガみたいに人情味溢れる土地なの?豊富なデータと丹念な取材によって『葛飾区』を丸裸!

本書は、地域批評シリーズの第2弾である。葛飾区という呼び名は、日本人には大変なじみのある地名だ。 なぜなら『男はつらいよ』と『こちら葛飾区亀有公園前派出所』という誰でも知っている長寿映画とマンガ、 それぞれの舞台になっているからだ。 そんな有名な葛飾区だが、実際に足を踏み入れたことのある人はどのくらいいるだろうか。 東京に残された数少ない下町風情が残るとよく聞くが、葛飾区の全体像にふれた書籍や記事というものは、あまり目にしない。 隣接する足立区が、ここ数年の格差社会ブームの中で、 生活保護受給者が多いとか、ヤンキーが多いなどと注目されているのとは、対照的である。 足立区は、格差社会の負け組で酷い酷いといわれているが、隣接する葛飾区の状況はどうなのだろうか。 葛飾区は、下町の象徴のようにいわれてはいるが、それは本当なのだろうか? 地図を見ると、鉄道がカバーできていないだろう地域が多く見つかるし、区内を走る主な鉄道は京成線。 JRと地下鉄の密集に慣らされている東京都民は、これだけで「不便な街だなー」と思いがちだ。 また、街はというと葛飾区には大企業が数多く本社を構えているイメージは当然なく、 あるのは『男はつらいよ』でおなじみの町工場と、あまり近代的とはいえない住宅街だ。 本書は葛飾区のイメージを、様々なデータ分析と取材により、裏付けたり、はたまた覆したりすることになる。 比較対象として、隣接しながら「いっしょにするな!」と葛飾区民がアピールする足立区を使わせてもらった。 葛飾区の本当の姿を見てみたいと思う人は、ぜひ最後まで読み進めていってほしい。

購入先一覧

※欠品または販売が終了している商品リンクもございます。

※発売日は流通、地域により表示した日付と前後する場合があります。

この作品のシリーズシリーズ一覧

日本の特別地域2 東京都 葛飾区【日本の特別地域_通巻02】
日本の特別地域 特別編集100 これでいいのか福島県
日本の特別地域
日本の特別地域2 東京都 葛飾区【日本の特別地域_通巻02】
日本の特別地域 特別編集99 これでいいのか岡山
日本の特別地域
日本の特別地域2 東京都 葛飾区【日本の特別地域_通巻02】
日本の特別地域 特別編集98 これでいいのか滋賀
日本の特別地域
日本の特別地域2 東京都 葛飾区【日本の特別地域_通巻02】
日本の特別地域特別編集97 これでいいのか埼玉
日本の特別地域
日本の特別地域2 東京都 葛飾区【日本の特別地域_通巻02】
日本の特別地域 特別編集96 これでいいのか横浜
日本の特別地域
日本の特別地域2 東京都 葛飾区【日本の特別地域_通巻02】
日本の特別地域 特別編集95 これでいいのか北九州市
日本の特別地域

関連書籍 関連書籍一覧

これでいいのか北海道 道民探究編
地域批評シリーズ
これでいいのか北海道 まちの問題編
地域批評シリーズ
これでいいのか熊本県
地域批評シリーズ
これでいいのか広島県
地域批評シリーズ
これでいいのか鳥取県
地域批評シリーズ
これでいいのか神奈川県
地域批評シリーズ

最近チェックした商品

 
日本の特別地域